2 初めてシルバーパスを取得しようとする方へ

(1)申し込みの時期

シルバーパスは、70歳以上の都内に住民登録をされている方であれば、いつでも発行の申込みができます(但し、寝たきり状態等で経常的にバス利用が困難な方は対象になりません)。

(2)申し込みに必要な書類

【令和3年度の住民税が非課税の方又は課税で令和2年1月から12月までの税法上の合計所得金額が135万円以下の方】

1 住所・氏名・生年月日が確認できるもの(以下のいずれか1つご準備ください)
@健康保険被保険者証
A後期高齢者医療被保険者証
B運転免許証又は運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)
C生活保護受給証明書(生活扶助の記載のあるものは非課税を証する書類との兼用可)
                     など
2 住民税 非課税又は課税で令和2年1月から12月までの税法上の合計所得金額135万円以下を証する書類(以下@、A、Bのいずれか1つご準備ください)
@介護保険料納入(決定)通知書<区市町村によって名称が異なる>
→ 令和3年度分の所得段階を表示する区分が、第1〜第6段階までのもの
ただし、品川区、目黒区、世田谷区、武蔵野市、昭島市、福生市、あきる野市の方については、第1〜第7段階までのもの。八丈町の方については、第1〜第9段階までのもの。
  介護保険料納入(決定)通知書内の「合計所得金額」欄は、税法上の合計所得金額でない場合がありますので、所得証明には使用できません。以下の所得段階に該当する方は、令和2年の税法上の合計所得金額が135万円以下である場合がありますので、「住民税課税証明書」で確認ください。(税法上の合計所得金額が135万円を超える場合は、1,000円でパスを購入することができません。)
  品川区、目黒区、世田谷区、武蔵野市、昭島市、福生市、あきる野市の方については、第8段階
  八丈町の方については、第10段階
  それ以外の区市町村の方は、第7段階
 (原則として区市町村から6月から7月にかけて送付された本決定通知書。4月頃送付の仮決定通知書は、本決定に切替となる場合を除き、使用できません。)

A住民税非課税証明書又は課税証明書(令和3年度分)→区市町村役場で発行(原則有料)

B前記1 Cの生活保護受給証明書(生活扶助の記載があるもの)→福祉事務所で発行
※発行日の属する年度の書類が必要です。

※令和2年分の確定申告で、不動産譲渡所得に係る特別控除の適用があり、税法上の合計所得額から特別控除を控除して得た額が
 135万円以下の方は、必要書類が異なる場合があります。
   ↓
 〔所得を確認する書類〕
   所得を確認するために必要な書類は、区市町村ごとに異なります。
   別添PDFファイルでご確認ください。

3 費用…1,000円(現金)

【住民税が課税の方(上記の税法上の合計所得金額135万円以下の方を除く)】

1 住所・氏名・生年月日が確認できるもの(以下のいずれか1つご準備ください)
@健康保険被保険者証
A後期高齢者医療被保険者証
B運転免許証又は運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)
                     など
2 費用…20,510円(現金)

(3)シルバーパス発行窓口

シルバーパスは、下記のところで発行しています。窓口によって取扱日、取扱時間が異なりますので、ご確認の上、都合のよい窓口で発行を受けて下さい。
    参考:東京都シルバーパス常設窓口一覧